未分類

約50のダイビングショップ

たまたまダイビング中に何かが起きても、直ちに対応可能になる知識と大事故を引き起こす前に防いでしまう能力を手に入れておくことがトラブルを予め防御する方法です。


那覇近郊の港から早朝に出て、ダイビングボートを駆って慶良間地域のポインまで足を延ばして、素晴らしいダイビングを2~3回行ってから、日没までには帰路に就くツアーが人気です。
「ここしばらくダイビングから離れていた」、「急に思い出して再度沖縄で潜ろうと思うけど、ブランクが長すぎて不安が先立ってしまうよ。」と言うようなダイバ ーをターゲットにした教室も実在します。


ダイビングをやってみようと考えるなら、一番初めにダイバー間で7点セットと名付けられているスノーケル、マスク、フィン、あとはスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは買っておいた方が何かと便利です。


ダイビングで楽しんでいる間の事故は他のレジャーやなんかと統計的に見ると全然頻繁に起こるのかと言うと、その逆であまり起こっていません。去年の死亡者や行方不明のダイバーは14名と発表されています。

投稿者

sougolink01@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です